毛を無理やり抜くのは禁物

子供の頃から体毛の濃さに悩んでいました。小学生の時は短パンを履くのが恥ずかしく、体育の時間にはジャージを履いて授業を受けるほどでした。

中学生になってからは、ひざ下の毛をカミソリで処理するようになったのですが、カミソリで処理をすると毛先が平になって毛が濃くなったように感じ、触り心地もチクチクして見た目も恥ずかしいし、一週間に一回、短い時は週に二回など、短期間に剃るのを繰り返していました。

そうするとカミソリのあたった場所の肌が乾燥したり、ザラザラの手触りになったりと、毛深さの他にまたふたつ悩みが増えてしまったのです。

そんな事をくり返しながら高校生になった頃、ドラッグストアで見つけた脱毛テープで処理をするようになりました。

テープを使えるようになるまで毛を伸ばすのは苦痛でしたが、初めて根元から毛が抜けた時は感動しました。肌もつるつるになって柔らかくなったし、見た目もとてもきれいで、これはいい!と思って使い続けたのです。

この最初に脱毛テープを使った時、少しだけ気になったのは毛穴がポツポツと赤くなった事でした。しかし毛は肌とくっついてるんだな、なんて思うだけで、すぐ赤みもひくし、小さなかすり傷がすぐ治るように、この赤いポツポツもすぐ良くなるだろうと楽観的にかんがえていたのです。

そのあとは、ひと月からふた月おきに脱毛テープを使い続けていました。一年ほどたって、だんだんと脱毛後の赤みのひきが悪くなってくるのがわかってきました。そしてよく観察してみると、赤いポツポツの他に抜いた毛のすべての毛穴に茶色い色素が沈着しているのがわかったのです。

見た目がすごく悪くなりました。ひざ下の毛はスネだけではなく、ふくらはぎの方まで生えていたので、ひざ下全体がボツボツとしたシミだらけの足になり、それからはその茶色いシミが気になってひざ下を出す事ができなくなりました。

それからは保湿クリームを塗ったり、代謝を上げるジェルを塗ったりしましたが、なかなか改善させる事ができず、いつもロングスカートかパンツスタイルで過ごすようになりました。

それから10年程した頃、やっと毛穴の色素沈着が見られなくなりました。今は好きな恰好をする事ができています。無理に毛を抜いて肌の中を傷つけるのは良くないですね、今は光脱毛で肌をいたわる脱毛をしています。

残念ながら小平市には有名な脱毛サロンがないので、立川まで通っていますが。東京都小平市の人でムダ毛に悩んでる人のために、このサイトを紹介しておきます♪

観光情報

なんばシティ

●個性的なお店が集うショッピング街
南海電鉄「難波」駅に直結した“なんばCITY”はファッションや飲食店を中心に約300店のお店が集う、ミナミでも有数のショッピングエリアである。

“なんばCITY”には隣接して老舗デパート「高島屋」やミナミエリア最大のショッピングモール「なんばパークス」があり、大阪を代表する一大ショッピング街を形成している。

特にファッション分野ではメンズ、レディースとも個性的なブランドが多く、わざわざ訪れるファンも多い。

 

■大阪市中央区難波5-1-60
■営業時間 レストラン10:00~22:00 / ショップ 10:00~21:00 ※一部の店舗は営業時間が異なります
■休業日 無休 ※臨時休業の場合あり
■アクセス
南海電鉄「難波」駅直結/地下鉄御堂筋線「なんば」駅下車徒歩3分

 

なんばパークス

●ミナミエリア最大の複合商業施設

旧大阪球場を中心とした跡地に2003年にオープンした「なんばパークス」はミナミエリア最大の複合商業施設として多くの人で賑わっている。

「なんばパークス」には、ファッション、インテリア、雑貨、アウトドア、飲食店を中心としたテナントが集まるほか、映画館やイベントスペースなどもあり、ショッピングとエンターテイメントが一緒に楽しめるスポットとして人気が高い。

また、屋上には大阪でも最大級(約1万㎡)の屋上庭園「パークスガーデン」があり、約300種の植物が四季折々の表情を見せてくれる憩いの場となっている。

 

■大阪市浪速区難波中2-10-70
■営業時間 レストラン11:00~23:00 / ショップ 11:00~21:00 ※一部の店舗は営業時間が異なります
■休業日 無休
■アクセス
南海電鉄「難波」駅、中央出口又は南出口直結/地下鉄御堂筋線「なんば」駅下車徒歩3分

 

OCAT(大阪シティエアターミナル)

●高速バスやJRなどが乗り入れる交通拠点

OCATは、高速バスターミナルやJR「難波」駅などが入るミナミの交通拠点のひとつである。

特に高速バスターミナルはミナミを発着するほとんどの高速バスが乗り入れており、全国各地に路線が展開されている。また、関西国際空港や伊丹空港へのリムジンバスも乗り入れている。

さらに、OCATにはこれらターミナル機能の他に飲食店や書店、郵便局、カルチャーセンターなどさまざまなテナントが入居しており、屋上にはガーデン施設も設置されている。

一方、地下1階エントランスにあるポンテ広場はストリートダンススポットとして関西でも有名な場所で、休日には多くの若者で賑わっている。

 

■大阪市浪速区湊町1-4-1
■営業時間 レストラン11:00~22:00 / ショップ 11:00~21:00 ※一部の店舗は営業時間が異なります
■休業日 毎月第3水曜日(ただし 12月は31日、1月は1日が休業日となります)
※一部店舗は営業致しております
■アクセス
地下鉄御堂筋線「なんば」駅下車徒歩5分/地下鉄四つ橋線「なんば」駅下車徒歩1分

 

湊町リバープレイス

●コンサートなど様々なイベントが開催されるエンターテイメントの拠点

湊町リバープレイスは2002年にオープンした多目的イベントスペース。

約1,500人収容のライブハウス“なんばHatch”や道頓堀川に面した屋外イベントスペースなどがあり、ライブイベントやフリーマーケットなどを中心に数多くのイベントが開催されている。

特に“なんばHatch”は大阪有数のライブハウスとして数多くのアーチストがライブを行っており、ミナミエリアにおけるエンターテイメントの拠点となっている。

 

■大阪市浪速区湊町1-3-1
■アクセス
地下鉄御堂筋線「なんば」駅下車徒歩5分/地下鉄四つ橋線「なんば」駅下車徒歩1分

 

難波八阪神社

●獅子舞台で有名

由緒は仁徳天皇の時代にさかのぼるとされる由緒ある神社。以来、近隣の氏神として広く信仰を集めている。

同神社は、毎年1月に行われる綱引神事と、7月の夏祭りで行われる道頓堀川での水上神事、船渡御(ふなとぎょ)と獅子舞が有名で、中でも船渡御は、2001年に地元を中心に約230年ぶりに復活させたことで話題にもなった。

また、境内に高さ12m、幅11mの巨大な獅子頭をあしらった舞台があり、夏祭りで行われる奉納獅子舞や各神事などで使用されている。

 

■大阪市浪速区元町2-9-19
■アクセス
地下鉄四つ橋線「なんば」駅下車徒歩8分/地下鉄御堂筋線「なんば」駅下車徒歩10分

 

浪速スポーツセンター(浪速屋内プール/アイススケート場)

●浪速区のスポーツのメッカ

浪速スポーツセンターは、年中利用可能の屋内プールやアイススケート場のほか、スポーツジム、各種球技・競技が可能な体育場、多目的室などを備えた総合運動施設。

中でもアイススケート場は国際規格を有したスケートリンクで、大阪市内でも数少ないスケート場として人気が高い。

また、施設ではスイミングやスケートのほか、さまざまなスポーツ教室も開催されており初心者でも気軽にスポーツを楽しむことができる。

 

■大阪市浪速区難波中3-8-8
■営業時間 午前9:00~12:00、午後13:00~16:30、夜間17:30~21:00
■休業日 月曜日(月曜休日の場合その翌日)/年末年始
■利用料金 施設により異なる
■アクセス
南海電鉄「難波」駅下車徒歩7分/地下鉄御堂筋線「なんば」駅下車徒歩7分